オンラインカジノの様々な特徴

投稿者: | 2018年4月16日

オンラインカジノは仮想通貨にも対応

オンラインカジノは仮想通貨にも対応

仮想通貨は、最近になって多く利用される場が作られています。特に代表的な仮想通貨であるビットコインは、使える場所が多くなってきたことで、キャッシュレスの生活にはもってこいでしょう。
オンラインカジノの中には、仮想通貨にも対応している場所が出ています。他のギャンブルは、まだ仮想通貨に対応していないので、一足早く仮想通貨を使ってギャンブルができる環境が作られるようになりました。

仮想通貨が使えるオンラインカジノ

仮想通貨に対応しているオンラインカジノは、ビットカジノです。他のオンラインカジノは、まだ対応していないところが多くなっていて、これからオンラインカジノでもビットコインに対応していくことでしょう。
ビットカジノは、名前のとおりビットコインを利用してオンラインカジノを遊ぶことができます。オンラインカジノでビットコインを利用する場合は、指定されているレートでビットコインを交換して、仮想通貨をオンラインカジノで利用する現金に変えます。後はオンラインカジノをプレイしていくと、どんどんお金を増やすことが可能になります。
仮想通貨を利用できるメリットは、クレジットカードを使わなくても入金できる点にあります。現時点で持っているビットコインを利用していることで、クレジットカードを何度も使ってゲームを続けなくても大丈夫なのです。

ビットコイン以外の仮想通貨は非対応

ビットコイン以外の仮想通貨は非対応

現時点では、ビットコイン以外の仮想通貨をオンラインカジノでは使えません。仮想通貨の中には、イーサリアムなどの新しいものもどんどん生まれていますが、ビットコイン以上の価値が無いとされていることから、対応していないオンラインカジノが多くあります。
今後もビットコインについては、オンラインカジノで導入される可能性が高くなる反面、他の仮想通貨は対応しないまま放置されることも予想されます。

他のギャンブルはビットコインに対応できない

日本で利用されているギャンブルでは、ビットコインに対応させることが不可能です。法律によって、仮想通貨を使ってギャンブルを行えるように設定されていないためで、仮想通貨が使えるように調整しなければギャンブルには使えません。
オンラインカジノは、海外の法律によって運営されていますので、海外のルールが採用されています。仮想通貨を使わないとギャンブルができないところを選ばなくてもいいなら、オンラインカジノで仮想通貨を使う方法もどんどん狙えるのです。

多額の損失を計上した際の対応

多額の損失を計上した際の対応

他のギャンブルは、多額の損失を計上した場合、債務整理という手法によって借金を減額できる可能性もあります。債務整理は、ギャンブルなどの利用は禁止されているのですが、精神的に問題があり、ギャンブルを続けてしまうなどの状況なら安心して行えます。
一方でオンラインカジノの場合は、オンラインカジノがギャンブルであることに加えて、日本で違法とされているギャンブルをプレイしている形になります。多額の借金を作ってしまっても、債務整理に繋げられない場合があります。

ギャンブルで債務整理を行うためには

ギャンブルで債務整理を実施するためには、精神的に問題を抱えていたことを証明できないと駄目です。日本のギャンブルは、精神的にハマってしまうなどの理由から、ギャンブルを続けていたことが一応証明できる可能性もありますので、医師などに確認を取り、精神的な疾患を持っていたと判断できれば、ギャンブルでも債務整理が可能です。
ところが、オンラインカジノを遊んでいた場合には、ギャンブルの中でも違法な賭博をしていたと判断されます。裁判所が債務整理を認めてくれるのか判断する際に、合法のギャンブルを行っていたのかもチェックされてしまいます。もし、合法ではないギャンブルを続けていたと判断された場合、残念ながら認めてもらえず、債務整理を実現できない可能性があります。
特にオンラインカジノというのは、日本では認めてもらえていないギャンブルですので、借金を作った時に債務整理によって処理する方法が使えないのです。今後のためにも、ギャンブルで借金を作らないように気をつけてください。特にオンラインカジノを利用した場合には要注意です。

債務整理をしなくてもいいように遊ぼう

大事なことは、オンラインカジノを遊ぶのであれば、債務整理をしなくてもいいようなゲームプランを作ることです。できることなら、債務整理を行わなくてもいいような安心感を作って、無理のないゲームプランを続けられるようにしましょう。
場合によっては、これ以上使ってしまうと駄目だと感じて、オンラインカジノから撤退することも大事です。日本で行われているギャンブルとは異なり、債務整理などで処理する際の手続きが非常に難しくなってしまうことを考えると、やはり無理はできないということです。そして、個人的にギャンブル依存を防ぐために、お金を入れすぎないような方法を考えないと駄目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください